本部ブログ【野球に興味を持つには】

宮川理論本部の山田です!

 

新体制となり、半月が過ぎました!

時の流れの速さについていけません、、笑

 

それだけ充実していると言うことで、毎日1歩1歩進んでいければなあと。

 

これからの時代、「ただ野球の技術を教えるだけ」

というのはどんどんなくなっていくと思います。

 

というのも、YouTubeをはじめ、映像コンテンツ、テレビ、スマホゲームなど

 

世の中はありとあらゆる娯楽で溢れています。

 

娯楽は、娯楽ですから、もちろん「人を楽しませる要素」があらゆる所に詰め込まれています。

 

もちろん僕もYouTubeを見ますが、特に最近はクオリティもすごいですよね笑

 

選手にも、

 

これらのいずれかに、野球よりも熱中しているんじゃない?という

 

場合も結構あるのではないでしょうか。

 

そんな中で、選手がこれらの「娯楽」よりも、「野球に熱中すること」を選ぶには

 

「指導者の技術指導も含めた総合的な力」という、

 

なんとも具体的に言葉にできないような力次第だと考えています。

 

これは、品行方正であれ、とかそういう意味では全くなくて

 

なんていうんでしょう。「野球ってこんなに楽しいんだぜ」っていうのを指導者自身が

 

体現して、それが選手に伝わることが重要ではないかなあと。

 

多分、一番ダメなのが「娯楽を禁止する」です。

 

もちろん、教育として一定時間しか触らせないなどはありだと思いますが。

 

自分が子供の時を思い出しても、

 

自分の興味があることに関しては禁止されても
何としてでもやろうとしましたもんね。

 

となると、自分が出来ることはなんだろう??

 

もっともっと面白い人間になって、野球の面白さを自分でも見つけ続ける。

 

そういうところなのではないかな。

 

となると、「ホームランを目指す」というのは、

選手にとって魅力があるのではないかと思うのです。

 

「ホームランを、全ての人に」

 

11月から始まった「宮川理論道場」ではそんなことを伝えていけるように運営しています。

↓↓↓

「宮川理論道場」

http://gekokuzyobaseball.com/宮川理論道場/

 

 

P.S.

先日公認指導員とバッティングセンターに行ってきました。

一通り打った後はファミレスで技術論を語り合い、

気づいたらファミレスの駐車場でバットを持ち話し合う3人でした笑

「自分自身がもっと上手くなりたい」このような志を持って日々打撃を追求する

指導員を見て多くの刺激をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です