本部ブログ【Youtube動画を作成して思ったこと】

宮川理論本部の山田です!

 

昨日

 

遂に、

 

Youtube動画が
1つ完成しました!

『宮川理論基本アイテム①ゴルフスイング』

https://www.youtube.com/watch?v=I-Z6XPEcksg&t=34s

 

この動画、Youtuberが創る動画からしたら

 

 

??

 

 

と思われたり、改善点などあるかもしれませんが、

 

 

たくさんの方々にご協力頂き、
どうすればわかりやすいかを
考えて作成してると、
めちゃくちゃ時間がかかりました笑

 

 

オープニングと、エンディングで
皆さんのかっ飛ばし動画を
使用させていただいたのですが、

 

 

なんというか、

 

 

いい、ですよね笑

 

 

宮川理論の歴史、ここまで積み上げて
来たものが見られて。

 

僕も、本当の初期からいたわけではないので

 

そうやってここまで築いてこられた
先輩方のためにも

 

もっともっと広めていけるよう頑張りたいです。

 

 

 

Youtubeの方はたくさん動画をあげる、



というよりは

 

 

その1本で、打撃が良くなるヒントを与える
という目的で使用していきます。

 

 

何はともあれ、宮川先生の実演スイングですから、
何度も見ていただきたいです。

 

 

僕も現役時代は、受講者限定Facebookに投稿された
先生の動画を何十回も見ていましたので
そのような感覚でご覧頂ければ嬉しいです。



技術の上達は、
まず見本を見てイメージすることから!

 

さて、Youtubeを作成していて
気づいたことがあります。

 

僕はYoutuberではありません。
当たり前ですが笑

 

今回一般の方向けにYoutubeを
作成するまでは

 

動画なんて作ったことがなかったし、


もっというと

 

この人生で、創ることはないだろう、
とまで思っていました。

 

結婚式でよく流れる感動ムービーなども、
見る専門。

 

俺を感動させてみろと。。。
(だいたい号泣する)

 

そんな僕が、今回

 

公認指導員の動画作成のスペシャリストの
方々からご教授いただきながら

 

動画を作成したわけですが、

 

めちゃくちゃ大変だけど、
めちゃくちゃ楽しかったんです。

 

語彙力、、、、

 

本来

 

「できないことができるようになる」

 

というのは

 

ものすごく楽しいものなのではないか。

 

そんなことに気づかされました。

 

これは、野球の練習でも同じで

 

練習は「できないこと」を「できるようにする」ものですよね。

 

でも、メニューはだいたい同じものが多いですから

 

本当に意識していないと、

 

「昨日と同じ」「数をこなす」

 

になりかねない。=辛い、楽しくない

 

そんな風になってしまう。

 

僕もそうでした。今日は1000回振ったぜ!頑張った!と。

 

「自分で考えることが大切」と、

 

よく言われますが

 

この、昨日できなかったことが今日できるようになるには

 

どうすればいいか?

 

ということを導き出せる能力と同じようなことだと思っています。

 

そういう意味で

 

例えば、上から叩いていて、思った打球がいかないなら

 

下からすくい上げてみる

 

宮川先生も、よくバットとボールのどこを当てるか

 

というお話をされますが、

 

・バットのいつもと違う箇所で打ってみる、

・ボールの内側を叩く

 

など打撃練習1つでも色々と工夫できるはずです。

 

そしてこんな工夫によって一つずつ自分だけの打撃が出来ていく。

 

その1つのヒントとして宮川理論がある。

 

今回、動画作成という体験を通して

 

野球だけでなく、

 

自分は、何かできないことができるようになるために

 

挑戦しているか??

 

そんなことを考えさせられました。

 

宮川理論Youtube

ぜひ、ご覧いただければ嬉しいです。

 

こんな動画が見たい!などあれば

ぜひ教えてください

 

ご連絡お待ちしております。

 

【宮川理論Youtube】⬇️⬇️⬇️

https://www.youtube.com/watch?v=I-Z6XPEcksg&t=34s

 

 

Youtubeを見てもっと学んで見たいと思われた方はこちら

【宮川理論道場】⬇️⬇️⬇️

http://gekokuzyobaseball.com/月額コンテンツ/

 

それでは!

お読みいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です