本部ブログ【ちゃんと伝えるということ】

こんにちは!
本部の山田です!

 

最近、宮川理論について、
思考から、ドリルまで

 

自分の頭の中で
一つ一つ説明を体系化しているのですが

 

これ、めちゃくちゃ頭を使いますね笑

 

指導中に使っているドリルを再定義して見たとき

「あれ、これってもっとこう伝えるのもありかも」

 

が無限に出てきます笑

 

結局

「わかっているつもり」で、

 

 

 

「わかっていること」

「相手にとって一番わかりやすい言葉で
説明できること」

「自分自身が体現できること」

 

の間には思った以上に壁があるし、
言語化能力、自分自身のスイング力を
もっともっと高めていきたいと思っています。

 

さて、最近はプロ野球選手を始め、
様々なトップレベルの選手が

 

Youtubeを始めとした様々なメディアで
自分の技術論を語っています。

 

メディアだけではなく、
「元プロ野球選手の野球教室」なんかも多いですよね。

 

しかし、批判とかではなく
全体的な傾向として

 

「自分の感覚を、そのまま伝えている」
というのが多い気がします。

 

自分の感覚を

一般的なものに言語化する


もっというと

「そのプロ野球選手になれた自分の感覚を

目の前の選手が一番理解しやすい形で伝える」

 

ことについて、もう少し考えて頂ければ、
もっともっと、良くなるのではないのかなあと。

 

そんなことを考えている時に、

こんな言葉に出会いました

 

 

いや、最強やん笑

 

 

 

 

そのままの勢いでこの動画を見たんですけど

 

今すぐに、
その動画を見ていたスターバックスで
キャッチボールしたくなりましたもん笑

 

プロ野球選手やトップレベルの選手というのは
当たり前ですが、野球選手の「憧れ」ですよね。

 

そういった選手が、こうやって
世界のトップレベルの技術を
本当に誰にでもわかるように説明してくれている。

 

勉強にしかならないんですけど
一番思ったのは、ではその動画なり文章なりを見た
人がどういう状態になるのが理想かなと考えた時に

 

「スターバックスで動画を見ていたのに
絶対にできないその場で
今すぐキャッチボールをしたくなる状態」

ではないかと。

 

試して見たくてうずうずしちゃうというか。
(うずうずってなんだろう)

 

今後、宮川理論でもどんどんYoutube動画を上げていきますが

 

見ていただいた後にそんな気持ちになってもらえるような、

 

選手、いや、それを見たお母さんもバットを振りたくなるような

ものを創っていきたいと思います。

 

ダルビッシュ選手、ありがとうございます!!

 

それでは、お読みいただきありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です